title
幼稚園の紹介
子育てマップ
行事案内
子育てニュース
今日の子供
 
子育てQ&A
子育て講座
子育て用語解説
未就園児クラブ
おもちゃ工房
HOME 子育て講座 きちんと人の話を聞けるような子になってほしい


 
● きちんと人の話を聞けるような子になってほしい ●



【出席者】
藤森平司(せいがの森保育園園長)
高橋恵子(なかの幼稚園園長)
西村美子(長池小学校・養護教諭)
林 茂子(長池小学校・専科)
大町博子(長池小学校・2年担任)
神野節子(長池小学校・1年担任)
貝塚志織(めじろ保育園)
榎本真実(真理学園幼稚園)
篠宮秀春(省我保育園・保父)
浅沼則子(せいがの森保育園・看護婦)

注:幼児の指導『ラポム』(学習研究社)(1998年2月号原稿)
注:1997年10月7日 せいがの森保育園「コミュニティールーム」にて





最近、話が聞けない子が多くなっているような気がするのですが、幼稚園・保育園では集団生活のルールはどの程度指導しているのでしょうか。

西村
確かにそうですね。小学校では朝礼とのときは、6年生と同じ時間だけ校庭で立っていなければいけない。差はあるのですが、ほんとうに話が聞けないんです。座り込んだり、横を向いて話し込んだり、砂いじりをしたり、立っていてもクニャクニャで、骨があるのかなと思ってしまう子もいますね。園ではどうなんでしょう。

藤森
文部省から発表された、今後の幼稚園の在り方のなかに、小学校に行って人の話が聞ける、指示されたことを喜んでやれるという項目がありましたが…。

高橋
どこの園でも、人の話を聞くことを身につけさせたいと、指導していると思います。興味があったり、内容が理解できれば、ちゃんと聞ける子に育っていると思うんです。朝礼で、校長先生がどの学年を対象に話しているかで違うと思うのですが…。6年生と1年生が一緒ということ自体に、無理があるような気がします。1年生向けの話では6年生にはつまらないでしょうし、6年生向けの話は1年生には無理ですよね。分けてもいいように思うのですが…。いつも何を言っているのかわからない体験が重なると、聞いてもつまらないから、つい横の子とつっつき合ったり、となるのだと思います。
確かにいろいろな幼稚園があって、素通りしているところがないとは言い切れないですが、基本的にはどこも指導していると思います。聞いて楽しい、よかった、その体験をベースに積み上げてきているので、自分たちに話しているんだって実感できる話をしていただけないでしょうか。

藤森
小さい子だと小学校を気にしないで、のびのびとしていると思いますが、年少クラスはどうですか。人の話を聞く態度を指導したりするのですか。

貝塚
年少でも朝の会、帰りの会があって、ちゃんと座って、先生の目を見てお話聞いてねと言ってはいるんですが、まだ聞けない子が多いですね。それでも興味のあることは聞きますし、逆に興味があり過ぎると、立ったり、前にでてきたりしちゃんうんです。自由にあそんでいい時間と静かにしてお話をきかなくてはいけない時間と、めりはりをつけているんですけれど難しいですね。

藤森
幼稚園・保育園でも聞く場面は多いし、聞けているのに、小学校にいって聞けなくなるというのは、そこにある生活のギャップが大きいと思いますね。先生が全員の子どもを把握しているときはこちらを向かせることができるけれど、校長先生の話を聞くというような離れた人の話を聞く経験はしていないですからね。


いろんな子が寄り集まっているせいもあるかもしれませんね。1年生の集中時間が短いのはある程度は仕方がないのですけれど…。ちゃんと聞ける子もいますし、すごく個人差がありますね。女の子は概して聞けるのですが、男の子は気が散りやすい気がします。

高橋
子どもに対する大人の接し方も、大きく影響しますね。大人に自分の話を聞いてもらったという手応えを体験している子は、人の話もきけるようですね。



岐阜幼稚園へのお問い合わせは gifuyou@aqua.ocn.ne.jpまで:

サイト内に掲載されている画像、文章をふくむ一切のデータの無断転載を 禁止します。