title
幼稚園の紹介
子育てマップ
行事案内
子育てニュース
今日の子供
 
子育てQ&A
子育て講座
子育て用語解説
未就園児クラブ
おもちゃ工房
HOME 子育て講座 一方通行ではないお互いの交流が今、とても大切ですね


 
● 一方通行ではないお互いの交流が今、とても大切ですね ●



【出席者】
藤森平司(せいがの森保育園園長)
高橋恵子(なかの幼稚園園長)
西村美子(長池小学校・養護教諭)
林 茂子(長池小学校・専科)
大町博子(長池小学校・2年担任)
神野節子(長池小学校・1年担任)
貝塚志織(めじろ保育園)
榎本真実(真理学園幼稚園)
篠宮秀春(省我保育園・保父)
浅沼則子(せいがの森保育園・看護婦)

注:幼児の指導『ラポム』(学習研究社)(1998年2月号原稿)
注:1997年10月7日 せいがの森保育園「コミュニティールーム」にて




藤森
今までは一番上で、やりたいようにできていたのに、今度は一番下になったというところでの緊張もあるのでしょうね。その緊張をほぐす工夫をどのようにやってあげたらいいのか、ほんとうは地域が補っていけるといいのですが、地域そのものが希薄になっていますから、よけい緊張度が激しいのだと思います。林先生のほうで新しい取り組みの計画があるとうかがっていますが、どんな内容ですか。


専科の家庭科のなかで、6年生を中心に幼児との交流の機会をもちたいと思っています。5年生のときに自分の幼いころの様子を知ろうという学習があるのですが、それっきりになってしまうのはちょっともったいない気がしまして。親にも自分がどんな子どもだったか、様子を聞いたり、幼児の特徴を把握したりして、みんなであそぼうという会ですね。子どもたちが喜びそうな、手作りのおみやげも用意したいですね。ただ、今の子どもたちってぎこちないですから、幼児のなかにはっていけるのかなって、不安もあるのです。

藤森
実は、以前同じような試みをやったことがあるのですが、そのとき人見知りした赤ちゃんが泣いてしまったんです。子どもたちも先生も困っていましたが、「赤ちゃんの泣き声は、ぜひ体験しておいてください。慣れておいたほうがいいですよ」と、いうようなお話をしました。というのは今のお母さん、もちろん小学生もですが、テレビのコマーシャルなどで見る、にこにこ笑っている赤ちゃんしか知らないのです。赤ちゃんが泣き出すと、その声に耐えられなくて口をふさいだり、布団をかぶせたり…。信じられないですけど、現実に起こっているんですね。そして、この泣き声に耐えるということが、保育や子育てではとても大切なことなのです。

高橋
そうですね。先ほど子どもがぎこちなくて心配というお話でしたが、それでしたら、放っておいても園児のほうがものおじせず、どんどん寄ってきますから心配ないと思いますよ。ある程度時間を長くとっていただけると、お互いによい結果が生まれると思います。

榎木
兄弟がいる子といない子とでは少し違うみてたいですが、違う環境に出かけていくよりも、あそびにきてくれたほうがいいみたいですね。自分のあそび場、テリトリーの中ですから、安心できるというか…。保育者になりたいという中学生が来てくれたときも、一日中あそんでもらって、とっても楽しそうでしたよ。一緒に遊んだお兄ちゃん、お姉ちゃんがいると思えば、子どもたちも安心して学校にいけるのかなって気はします。学校訪問の場合は、どうしてもお客さんになってしまいますから。

篠宮
今は兄弟が少ない家庭が多いですからね。あそびに来てもらうと、小さい子をどう扱っていいのかわからなった子どもたちも、それがわかってくるようですね。うちの保育園では5歳児になると、お手伝い保育といって、小さい子の面倒をみる体験をしているのですが、やはり思いやりというか、自分より小さい子に対する優しさは育っているんじゃないかと思います。集団になっても縦割り保育を経験してた子は、いじめる側には入らないと聞きます。むしろ、「そんなことしちゃいけないんだよ」と、とめるほうに回っているそうです。こういう話は保育者としてはうれしいですね。
 



岐阜幼稚園へのお問い合わせは gifuyou@aqua.ocn.ne.jpまで:

サイト内に掲載されている画像、文章をふくむ一切のデータの無断転載を 禁止します。