title
幼稚園の紹介
子育てマップ
行事案内
子育てニュース
今日の子供
 
子育てQ&A
子育て講座
子育て用語解説
未就園児クラブ
おもちゃ工房
HOME 子育て講座 あしたもまた行きたいなと思える学校であってほしいですね


 
●  あしたもまた行きたいなと思える学校であってほしいですね  ●



【出席者】
藤森平司(せいがの森保育園園長)
高橋恵子(なかの幼稚園園長)
西村美子(長池小学校・養護教諭)
林 茂子(長池小学校・専科)
大町博子(長池小学校・2年担任)
神野節子(長池小学校・1年担任)
貝塚志織(めじろ保育園)
榎本真実(真理学園幼稚園)
篠宮秀春(省我保育園・保父)
浅沼則子(せいがの森保育園・看護婦)

注:幼児の指導『ラポム』(学習研究社)(1998年2月号原稿)
注:1997年10月7日 せいがの森保育園「コミュニティールーム」にて




藤森
『本日は、お忙しいなかお集りいただきありがとうございます。早速本題に入らせていただきますが、お互いに疑問に思っていることなど、ざっくばらんに話し合っていきたいと思いますが、いかがですか。』

高橋
『子どもたちの一番の楽しみが給食なんですね。楽しみというより、憧れといった方がいいかもしれません。ところが入学してみると、楽しみにしていた給食がない。学校によって違うのでしょうが、給食再開がゴールデンウィーク明けというところがほとんどだと思います。それで少しがっかりするみたいなんですね。1年生になったんだぞ、という実感がつかめないようで…。
それと、2月末の学校訪問でいろいろな教室を見せてもらって、「すごいね」「大きいね」って、感激して帰ってくるのですが、入学当初は休み時間も教室から出てはいけない。「学校、つまんないって言うですよ」という話をきくと残念な気がします。
先生としては危ないということがあると思うのですが、子どもたちが子どもたちなりに、自分たちの場所を見つけ、確保していけるようにしていただきたいですね。学校に対してもっている期待に手応えを感じ、あしたもまた行きたいと思える学校であってほしいと思うのですが。』

藤森
『子どもたちにとって園生活は、「食う寝る遊ぶ」がすべてみたいだったのに対し、小学校にはいろいろな課題があって、そこで何かを学び、力を付けていかなくてはいけないというギャップがあると思うのですが、いかがですか。』

神野
『1年生は、現実にはすごく緊張しています。入学式から始まって、多くの新しい顔ぶれの中で、毎日毎日いすに座って生活しているので、ストレスがたまりやすいですよね。
そういうなかで少しずつ時間を延ばしながら、小学校の生活に慣れるようにしていっています。
1年生にとって6年生は大人並みに大きいんです。そんな中に突然入るわけですから、こちらから見ると非常に心許ない気がしてしまうのです。

給食は学校生活のなかで、衛生面はもちろん、約束ごとがとても多いんですね。
ですから食べさせることを急いで始めるよりも、学校ってどんなところかを知って、時間で区切られるチャイムの生活にも慣れたうえで、無理なく始めるのが、子どもにとってもよいということだと思います。
それで学校が楽しくないかというとそうではなくて、担任が「あしたはこんあことしようね」と、声をかけながら、期待がもれるようにやっていますので、つまらないということはないと思うのですが…。

学校探検も生活科の学習のなかで、子どもたちの興味関心を大切にしながら、学校を歩きまわる時間を設けています。
ただ、ご存じのように幼稚園・保育園と比べると、学校ってとにかく広いんです。
どこに行ったかわからなくなったり、チャイムが鳴っても帰ってこなかったりするとたいへんなんです。
ですから休み時間についても2時間ごとにとって、過ごし方の指導を少しずつしながら、行動範囲を広げていけるようにしています。』

大町
『あきらかに園とは、生活リズム、行動パターンが違いますからね。
そんな中で1年生はがんばろうと思って学校に来ているんですね。
そこをくじけないように、さりとて何をやってもいいんだよとは言えないようなこころが難しいところですね。
一斉授業が根強くあって、課題で進んでいきますからね。』
 



岐阜幼稚園へのお問い合わせは gifuyou@aqua.ocn.ne.jpまで:

サイト内に掲載されている画像、文章をふくむ一切のデータの無断転載を 禁止します。